top of page

今日も



ベルトーネさんでございます。


ブレーキ一式やクラッチの油圧件、水まわりと駆動系、ステアリング系など一気に進めていってます。


FKR在庫のベース車両から乗り出しにあたってですので、動いて走って曲がって止まれれば良いというものではありません。

再生にあたり作業項目は果てしなく多いです。


例えば一般に売られている個体もこういう旧い車においてはほとんどのパーツがそのライフをとうに終えているものでして、仮に走って来れたとしても悪いところを探すよりも良いところを探すほうが遥かに難しいものです。

購入時に終えている整備を聞いたところでそれをそのまま信用するのはナンセンスですし、後から嫌な気持ちになるのも複雑ですよね。

自分のものになってから手を入れた部分の積み重ねでしか旧い車の場合は把握出来なくて当たり前であるというつもりで考えるのが良いでしょうね。

車屋さんというのも色々ですので、販売メインのところはやはり相場的なものを考慮してプライスをつけますし、売れる車にするために使う労力もありますから、それらを想定して仕入れるものです。それが商売です。

また相場というものは需要と供給から発生するもので、つまり世間的な価値であり当然変動します。

ですのでその車にかけられた手間暇やお金とは全く関係ないものですので、個体や販売者が悪い事はありません。特に旧い車の場合ユーザーさんがその個体の良し悪しをコスパで判断することはとても難しいでしょう。

良い買い物をしたという言い訳で物欲を正当化する心理はあるのかもしれませんが、インスピレーションから思わず飛び込んでしまったというような無謀なところも必要なのだと思います。これは歳をとるとなかなか出来ない若い心なのでしょう。

だからこそそこが、こちら側かあちら側のままかという境目なのだとよく思います。

FKRに来られる皆さんが若くて生き生きしている理由ですね^ ^


自分の好きなものや欲しいものに誰もが納得するような常識的な理由をつける大人になっていませんか?

そうこうしているうちに今年ももう二ヶ月が終わってしまいましたよー


ということで引き続き頑張りますね。




Comments


bottom of page