top of page

127ジャンニーニさん



サスペンション交換作業。


先ずはストラットタワーのアッパー部分を加工します。


アッパーマウントを127に合わせて専用にするより、ボディ側をA112やX1/9と同じにする方法を取ります。

将来的にもその方が良いと思います。


穴位置が127も128もまたそれぞれなんですよね。

以前制作し販売中の127カスタム号や128の白マルティニも同じにしています。


最初だけ手間はかかりますが、アッパーマウントを新規に制作するよりおそらく早いですし、後のパーツ面でも良いでしょう。


もちろん、FKRのサスペンション自体は127に合わせたセットになっております。

ピロアッパーマウントのみを共通化するということです。





Comments


bottom of page